Leika sblog

Leikaのカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

おライのごはん

080810-01.jpg
ユーカヌバBigパック 3kg増量がやっと半分くらい終わったので、
ロイヤルカニーンを買って来ました。
おライ子は、こっちの方が好きみたい。
ミカ工場長のマネっ子です。
小さいパックを買って来て、いつものユーカヌバに混ぜて与えてみたところ、喰いつきが違いました。
(何だか『釣りごろ釣られごろ』みたいですね。)
ブリーダーさんの続きでユーカヌバをあげてたんだけど、
これからはロイヤルカニーンになりそうかな。

前は、ごはんや茹でたジャガイモも、人間が食べるのが余ったやつを毎日混ぜてやってたんだけど、歯に色が着いてきたのが気になって、与えるのをやめました。
ご飯やジャガイモを混ぜると、集中的にそこだけ食べて後は残してしまうから栄養が偏るだろうし、柔らかい物ばかり食べてたら歯にもよくないだろうしね。
人間は栄養のバランス偏りまくっても全然気にしないのにね。
野菜が大好きで、これはいいだろうと思ってシャキシャキ(食べる音)やっています。
冷蔵庫を開ける音→水で何かを洗う音
を聞くと、どこにいてもすっ飛んできます。
そういえば、犬を飼ってたなと思い出す瞬間です(爆)
前にも書いたけど、日中はソファやベッドの下にもぐって寝ていて、ほとんど姿を見ないから。

スポンサーサイト

2008年08月09日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

おライ子、Arrie湖でハッスル

080803-01.jpg
犬仲間おすすめの、Arrie湖にやって来ました。
まわりには何もなく、大地と空と、湖があるだけ。
とてもリラックスできる良い所でした。
 
今日は私は泳がず陸にいたので、おライ子も、家のスウェーデン人が水に消えても私が陸にいるのを確認して安心な様子でした。
そしてハッスルして爆走。
そんな様子を、よかったら動画でどうぞ(風の音がうるさいかも。)
オチは最後にあります~



2008年08月03日 Leika トラックバック(1) コメント(-)

おライ子、泳ぎを覚える

7月30日、今日は記念すべき、おライ子が泳ぎを覚えた日になりました。

こやつ、子供の頃から水遊びが大好きで、水入れの水を全部掻き出して遊んでは、部屋を水浸しにしてくれてたわりには、今はもう足が半分くらい水に漬かると怖くて、湖に連れて行っても浅瀬でパシャパシャしてるだけで泳ごうなんてしませんでした。
泳ぎを教えようと、ちょっとでも深い方に引っ張ろうとすると、
「飼い主に溺れさされる!」とばかりにギャーギャーわめいて暴れるので、おライ子と海や湖に泳ぎに行くのは一生無理だな・・と思っていました。

一度、私がイタズラして噴水の水のまわりをフンフン匂いを嗅いでいるおライ子を、水に突き落としたからかな?

でも今日、例のlommaの犬OKのビーチに連れて行ったのです。
ここは遠浅で、沖の方にも砂地がぽっかり浮かんでいたりするので、
ここなら大丈夫かも?とかすかな期待を抱きつつ。
でも、そんな期待はすぐ破られ、水の方に連れて行こうとすると、
やっぱり鳴きわめいて嫌がるおライ子。
やっぱり無理だったと諦めて、おライ子はスウェーデン人に任せ、
私は沖に浮かぶ砂地に向かって水の中を一人で歩き出しました。
(ひどい相方)
ここの砂地まで来ないと、波打ち際は藻がいっぱいで綺麗じゃないのです。
陸地では、「ライカ、おいで!ほ~ら、大丈夫。」と一生懸命その砂地まで連れて来ようと雷花を勇気付ける家のスウェーデン人と、
水に入ってはみるものの、やっぱり怖くてキャンキャンわめきながら陸地に逃げ戻ってしまう本犬。
小さくなっていくそんな二人の図を、時々振り返って見ながら、砂地に辿りつく頃、雷花が格闘の末、私の方に向かって泳ぎ始めたのです。
無理矢理ではなく、自分の意思で。
そんな姿に心を打たれ、私も「ライカ、こっち!」と引き返して
迎えに行ってやりました。
その図はまるで、感動の動物映画のよう。
しかし、おライ子は、迎えに行った私の横を犬かきで素通りして、
沖の砂地に先に辿りついたと思ったら、
爆走してまた水に飛び込んだり、結構満喫し始めました。
その後はもう泳ぐのを怖がらなくなったのです。
 
犬も、子供と一緒だなあと思いました。
気長に待ってやれば、できるようになるのです。
私は短気なので、今後も雷花の教育係は家のスウェーデン人に任せたいと思います。

080730-01.jpg
今日はカメラを持ってなかったので、以前の写真を活用~

2008年07月30日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

おライぽん、日かげから出たくないの巻

 
080603-01.jpg
ほら、これだ。  「くろいところから、出たくない。」
 
080603-02.jpg
             「絶対イヤ。」
 
そんなこと言ってたら、
 
080603-03.jpg
ほら、ハスキーが笑ってるよ。
 
雷花を、子供の頃から可愛がってくれている、上の階に住む
デンマーク人の男の子が、引っ越すことになったことを、雷花は知らない。
雷花は、何といっても彼が大好きなのだ。
会うと、もうクネクネ~メロメロ~・・
月曜から会えないのは、内緒にしておこう。

2008年06月03日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

おライぽんのくつろぎタイム

080518-01.jpg
おライぽんは、布団の上が好き♡
でも、家の人のベッドに上がると怒られるので、上がりません。
昨日は、人が泊まりに来ていたので、さっそくその抜け殻のソファベッドの上を拝借。
ラ:「久しぶりの布団の上は気持いいなあ。」
 
080518-02.jpg
ダメ!と言おうと思うのですが、こうやって気持良さそうに丸くなっているのを見ると、ついつい・・・・
 
080518-03.jpg
「ええい!可愛いやつめ!」と羽交い絞めしたくなります。

2008年05月18日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

おライぽんGET秘話(?)

大好きな、ブリーダーのアントニオから、「Happy birth-day to Leika!」のメールが来た。
雷花は、5月1日で3歳になった。
でも、通りすがりの人にはまだ1歳前後だと思われる、10代だと思われる30代?(ププ

続きを読む

2008年05月01日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

おライぽんの小旅行

080429-50.jpg
我が家のパラボラアンテナは、いろんな物を受信しすぎて、少々お疲れの様子。
(ヒート中なので、白いカーペットを汚されないよう、いろんなカーペットを敷きまくっています。)
 
実は1ヶ月くらい前から口の横に傷ができて、そのうち治るだろうと思って様子を見てたけど、治る気配無く、痒くて掻いてしまうので傷が広がるようで、パラボラアンテナをつけてみました。
それでも良くなる気配なし。。
ということで、今日は獣医さんに行くことにしました。
 
080429-51.jpg
獣医さん
夜7時だけど、最近はまだこんなに明るい。
 
080429-52.jpg
                  結構エンジョイ
雷花は、ノルウェーデン人の、身長が2m以上くらいある、若くて痩せ型で、やたらに声が低くてでかい、獣医さんが嫌いだったようで、初めて他人に向かってウフッ・・ウォフッ・・と警戒の声を発していました。(雷花が初めて人間に向かって警戒してるの見て、ちょっとあせった。)
そりゃあ、何か怖そうな薬品や器具を持った白衣の、聞いたこともないイントネーションで話す大男が突然入ってきて、おやつも何もくれなかったら、敵だと思っても仕方ないわな(^^;
 
夜7時過ぎに着いて、今日はやたらと待ち時間が長く、診てもらって病院を後にしたのはもう10時前。
もう真っ暗だし、お腹空いたし、疲れた~。
結局何かバイ菌が入っていたようで、洗浄薬をもらいました。
 
080429-53.jpg
内緒ですけど、おライぽんはバスに乗ると、人間と同じように座席に座るのが好きで、ダメと分かっていつつもついつい許してしまいます・・・。
すみませんもうしません!!

2008年04月30日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。