sblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

おライ子、泳ぎを覚える

7月30日、今日は記念すべき、おライ子が泳ぎを覚えた日になりました。

こやつ、子供の頃から水遊びが大好きで、水入れの水を全部掻き出して遊んでは、部屋を水浸しにしてくれてたわりには、今はもう足が半分くらい水に漬かると怖くて、湖に連れて行っても浅瀬でパシャパシャしてるだけで泳ごうなんてしませんでした。
泳ぎを教えようと、ちょっとでも深い方に引っ張ろうとすると、
「飼い主に溺れさされる!」とばかりにギャーギャーわめいて暴れるので、おライ子と海や湖に泳ぎに行くのは一生無理だな・・と思っていました。

一度、私がイタズラして噴水の水のまわりをフンフン匂いを嗅いでいるおライ子を、水に突き落としたからかな?

でも今日、例のlommaの犬OKのビーチに連れて行ったのです。
ここは遠浅で、沖の方にも砂地がぽっかり浮かんでいたりするので、
ここなら大丈夫かも?とかすかな期待を抱きつつ。
でも、そんな期待はすぐ破られ、水の方に連れて行こうとすると、
やっぱり鳴きわめいて嫌がるおライ子。
やっぱり無理だったと諦めて、おライ子はスウェーデン人に任せ、
私は沖に浮かぶ砂地に向かって水の中を一人で歩き出しました。
(ひどい相方)
ここの砂地まで来ないと、波打ち際は藻がいっぱいで綺麗じゃないのです。
陸地では、「ライカ、おいで!ほ~ら、大丈夫。」と一生懸命その砂地まで連れて来ようと雷花を勇気付ける家のスウェーデン人と、
水に入ってはみるものの、やっぱり怖くてキャンキャンわめきながら陸地に逃げ戻ってしまう本犬。
小さくなっていくそんな二人の図を、時々振り返って見ながら、砂地に辿りつく頃、雷花が格闘の末、私の方に向かって泳ぎ始めたのです。
無理矢理ではなく、自分の意思で。
そんな姿に心を打たれ、私も「ライカ、こっち!」と引き返して
迎えに行ってやりました。
その図はまるで、感動の動物映画のよう。
しかし、おライ子は、迎えに行った私の横を犬かきで素通りして、
沖の砂地に先に辿りついたと思ったら、
爆走してまた水に飛び込んだり、結構満喫し始めました。
その後はもう泳ぐのを怖がらなくなったのです。
 
犬も、子供と一緒だなあと思いました。
気長に待ってやれば、できるようになるのです。
私は短気なので、今後も雷花の教育係は家のスウェーデン人に任せたいと思います。

080730-01.jpg
今日はカメラを持ってなかったので、以前の写真を活用~

スポンサーサイト

2008年07月30日 Leika トラックバック(0) コメント(-)

スカラップレースのキャミワンピ③

080728-01.jpg
Beehiveさんの「スカラップレースのキャミワンピ」を、
綿麻ワッシャーのチェック柄の生地で。
 
080728-02.jpg
胸元にはバテンレースをつけて、子供の頃着ていたような
ノスタルジックなワンピが出来上がりました。
なーんて私の子供の頃は、短パンにTシャツばかりだったけど '`,、
 
080728-03.jpg
前後どちらでも着れるけど、柄物なので一応後ろはレースはナシで後ろっぽく。
襟ぐりも袖ぐりも、(今回は裾も)ダイナックテープで留めてからミシンでダーっと縫うので、さささーっと出来てしまいます。
 
080728-04.jpg
ユニクロのバギーデニムと。
今日はそのままこれを着て海に行って来ました。
暑いのでデニムは脱いで行きました。

 
最寄りのビーチは、車で10分くらいのlommaの海。
犬OKの場所があるので、今日は偵察がてらおライ子は置いて人間だけです。
今日も暑くて、水温もわりとあったのでお腹ペコペコになるまで泳いできました。
スウェーデンの海のいいところは、サメがいないところです。

2008年07月28日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

スプリングコート

080725-02.jpg
暑い時にコートなんか着た暑苦しい画像で失礼します。
LINNETさんの、スプリングコートをリネンで作りました。
どこのお店で買ったか覚えていないヨーロッパリネン。
肉厚でタフタフしていて、コートにぴったりです。
(でも覚えていない
例のごとく、ボタンホールは実家に帰った時に作ろうと思って、まだボタンなしです。
ボタン付けたら、全然雰囲気が変わると思う。
ボタンって大事だもんね。
LINNETさんみたいに、くるみボタンにしようかなあ。
それまで着られないと嫌なので、この後、1㎝幅×180㎝のウエストベルトを共布で作って、ガウンみたいにウエストを絞って着られるようにしました。
それはそれでまた良い感じ。
 
これを作るに当たって、ロックミシンは一切出番がありませんでした。
だってね、見返し端は三つ折処理、縫い代という縫い代は、全て折り伏せ縫い処理なのです。
こうやって、手間をかけて洋服を作る方法もあるんだな~と思いました。
でも、折り伏せ縫い、面倒くさかった~
今回は、勉強のために指示通り作ったけど、(って私何様?) 次回からはロックミシンでガッてやってしまおう!と決心しながら作業しつつ、出来上がってみると、やっぱり中も綺麗だと、自分で脱いで目に入った時にも嬉しくて、また次回も頑張ってしまいそうです。
 
Sサイズで作ったけど、結構ゆったり。
169㎝の私が、洋服に着られている感があります。
それがまた嬉しい。
自分が小っちゃい可愛らしい人になったみたいで(爆)
 
080725-03.jpg
襟の後ろと、ポケットの内側は、綿麻のストライプ生地で。
男前な感じにしたかったんだけど、なかなか雰囲気が出ました。
袖の裏もこの布にしたら、袖まくりした時も可愛いだろうなあ。

2008年07月25日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

Stenshuvud国立公園

080723-01.jpg
これは作ったのではなく、市販品です♪(見たら分かるYO)
昨日、用事で町に出たら、秋服がいっぱい目に飛び込んできて、
すっかり頭が狩猟モードに切り替わってしまいました。
秋服は、観ているだけでテンションが上がる~\(^o^/
ブラウスは、H&Mで見つけました。
前にピンタックがいっぱい入っていて、ドルマン袖で、袖の先は紐が通って絞って調節できるようになっています。
今年もこんな、袖にデザインがあるのがいろいろ欲しいな。
(でも予算は限られるから吟味しないとネ)
後ろに吊ってあるのは、作りかけのLINNETさんのスプリングコートです。
折り伏せ縫い地獄に陥っています。
 
そして、それを着たまま、また遊びに出てしまいました。
今日向かったのは、スコーネ(スウェーデン南部)の東側にあるStenshuvud国立公園。
豊かな自然と景色の良さで人気の場所です。
と言っても私は行くのは初めて。
国立公園と聞いて、広い公園に花が咲いていたりして、お年寄りや家族連れがのんびり散歩しているんだろうと思っていたら、何が!
森の中の急な斜面をヒィフゥ言いながら登って、そろそろ頂上に着く頃にはゴツゴツの岩場が登場します。そこを山羊のように飛びながらよじ登ると、やっと頂上です。
キョロキョロしていたら岩や木の根っこに足を取られるので、周りの緑を楽しむ余裕もなし。
前の女の子は「きゃあ!」と言いながら岩場で転んでいました。
私も、まさかこんなだとは思わなかったのでヒラヒラのブラウスに、バレエシューズの場違いな格好でちょっと恥ずかしかったです。
 
080723-02.jpg
そうして頂上に着いたら、目の前には真っ青な空と、青い海が広がっていました。
 
080723-03.jpg
後ろは富士の樹海を思わせる(でた!)森。
ハングライダーが飛んでいました。
360℃の自然のパノラマに、疲れも吹っ飛びました!
 
080723-04.jpg
これはまだ下の方。
下りは別の道を辿ったら、さらにゴツゴツしていました。
でも、ここはビーチもあって(犬は×)、自然がいっぱいで、なかなか良い所でした。
ゼィゼィ言いながら自然の空気を否応なしにいっぱい吸えて、考えてみれば良い事かもしれません。
 
080723-05.jpg
帰り道、Bro:sarpsというところに寄りました。
スコーネの東側特有の、うねるような大地が続きます。
子供らは、45℃くらいある斜面を登ったり降りたり登ったり降りたり、元気。
 
080723-06.jpg
そうして今日は一日中遊びました。おライぽんもお疲れ。

2008年07月23日 Daily life トラックバック(1) コメント(-)

スカラップレースのキャミワンピ②

080721-01.jpg
Beehiveさんの、スカラップレースのキャミワンピを作りました。
このパターン、アンティークドレスみたいで、
エプロンドレス風なのに給食のおばちゃんぽくならず(爆)ガーリーで、大好きです。
 
080721-02.jpg
前回作ったのがちょっぴり大きかったので、今回は前後のヨークを2㎝ずつ、計4㎝縮めて作ったら、ぴったりになりました。
胸元は、アンティークレースを挟みました。
  
080721-03.jpg
生地は、これまた大好きな綿麻のスカラップレース生地。
 
うう~ん(^~^)
秋用に色違いも欲しい!


2008年07月21日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

裾カフスパンツ

時々覗くネットのお店で、麻の7分丈パンツに心を鷲づかみにされました。
でも、また何回か着たら飽きてしまうかもしれないのに(洋服はいつもそう)、2万台はきつい。
 
080718-01.jpg
そこで、自分で作ってみました。
セカンドハンドショップで見つけて、ペチパンツを作ろうと思って安く買っておいた、生成り色のシーチングで。
失敗しても笑ってOKの生地です。
でも、カスが混じっていてナチュラルで可愛いんです。
 
080718-02.jpg
このパンツ、裾がYシャツの袖のカフスのデザインになっていて、中からレースが覗きます。
本当はボタンも2個付けるんだけど、今はボタンホール機能の付いたミシンがないから、それは先延ばし。
 
お店のもののサイズを参考に感覚で作ったんだけど、同じような雰囲気になって嬉しい♪
妥協して買わなくてよかった!(いや買えなかっただろうけど)
でもお店のは、ちゃんと前にファスナーが付いているんです。
 
それにしても、このカフスを一番最初に作った人って、かなりすごいと思う。

2008年07月18日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

つぼみスリーブブラウス

080717-01.jpg
最近めっきり秋っぽくなってきたので(悲)、
急に大人っぽい服が着たくなったと思ったら、
無性にクルールさんの服が作りたくなって
いつか作ろうと思っていた「つぼみスリーブ」を作りました。
実はこの布は、anon kettoさんで購入した休日のプルオーバーにセットされていたもの。
秋になったらまたプルオーバーを作ろうと思って取っておいたのだけど、さらさらトロトロしていて、とても上品な光沢があるので、きっとつぼみスリーブにも最適だと思いました。
 
080717-02.jpg
布とパターンの組み合わせは、バッチリ。
 
でも、如何せん・・似合わな過ぎる!!
 
もう可哀相なくらい似合わないのです。
このブラウス、上品で大人の可愛らしさいっぱいのデザインで、私がこれを着るとまるで狼が子羊の皮をかぶっているよう。
個性が100%掻き消されてしまいます。
  
せっかく作ったのに、モチベーションダウン
これは母に着てもらおう。(押し付け)

教訓:
きっちりした服が着たくなったら買おう(わたしの場合)


でもまだテントラインワンピースが欲しいと思っています。

2008年07月17日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

休日のプルオーバー②

080714-01.jpg
if any et mさんの、「休日のプルオーバー」
今度はフリル襟&太カフスで作りました。
と同じ生地のWストライプバージョンで。
 
080714-02.jpg
ガラっと雰囲気が変わって、甘~い女の子らしい1着が出来上がりました。
全く同じ型紙なのに、ちょっとディティールが変わるだけでこんなに雰囲気が違うなんて
 
080714-03.jpg
今日はどこも行かず家で仕事してるだけの一日だけど、髪の毛も巻いてふんわり気分♪
相手にして欲しいおライ子が付き回ります。
ラ:「可愛がっておくれ。」
こっちが触りたい時は面倒くさそうに逃げるのに、自分が甘えたい時は寄って来るのです。
ネコのような犬、おライ子。
履いているのは先日作ったこれ~

2008年07月14日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

スウェーデンの最南端

080712-01.jpg
スの最南端にやって来ました。

080712-02.jpg
クリックで拡大します
(地図の一番下の、)私が住んでいるところがピンクので、今日訪れた所が青いです。
家から、車で1時間半くらい。

080712-03.jpg
ここから、モスクワ、ベルリン、パリ、ロンドンなどまでの距離が書かれてありました。
1524キロメートルと言われても、いったいどれくらい離れているのか感覚が分かりません。
試しに日本列島の長さを知ろうと思って、「日本 長さ」で検索してみたら、「日本人は年間に、どれくらいの長さのパスタを食べているのか ...」というのが出てきました。一人平均、約425メートルでした。私はパスタ好きで結構頻繁に食べているので、もっと長いと思います。

080712-04.jpg
この、海の向こうにあるのは、ドイツやポーランド。
そっちに住む人たちは、今頃何をしているのか思いを馳せます。
「こっちは通り雨が降って蒸し蒸しですよ~。」

080712-05.jpg
スモークされた魚をランチに出すレストランがありました。

080712-06.jpg
お土産屋さんもあったけど、高そうだったので鼻から諦めました。

080712-07.jpg
おライぽんの目線の先にあるのは、ヨットの合間を漂うカモさんたち。

2008年07月12日 Japan トラックバック(0) コメント(-)

休日のプルオーバー

080711-01.jpg
if any et mさんの、「休日のプルオーバー」を、手持ちの綿麻の生地で作りました。
 
不思議なパーツたち。
一番最初の工程の、前の開きを作った時点で、すでに「これは可愛い・・。」とテンションが上がり、一気に仕上げてしまいました。
ふわ袖が可愛くて、肩を包むギャザーが女らしくて、深いスリットが個性的な一着。
 
080711-02.jpg
後ろもたっぷりギャザー
 
080711-03.jpg
とてもリラックスした雰囲気で、ダボデニムとも相性抜群。
 
080711-04.jpg
秋になったらそのままレザーJKを羽織ってgo!
 
080711-05.jpg
余り布は、またフレンチクルーラーになりました。

2008年07月10日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

Moln

080710-01s.jpg
本屋さんの雑貨コーナーで、雲柄のポーチを見つけました。
雲柄を見ると何故かスルーできない私。
さっそく連れて帰りました。
Gunilla Axénさんデザインで、他にもいろんな色があります。
(む、ここのお店の方が24kr安かったYO)
 
080710-02s.jpg
雰囲気が、今使っているバッグinバッグにそっくり。
ひと回り小さいバージョンです。
 
080710-03s.jpg
ところで、このバッグinバッグ、思った以上に活躍してくれます。
いつも持ち歩く物を全部入れても、まだ余裕があります。
 
080710-04s.jpg
試しに、雲ちゃんにも入れてみました。
おや、意外と全部いい感じに埋まりました。
長財布が収まるというのはポイント高し(^×^b
そんなわけで、夏の間、雲ちゃんをバッグinバッグにすることにしました。
 
お付き合いありがとうございました。

2008年07月09日 Shopping トラックバック(0) コメント(-)

シュシュ作り

080708-05.jpg
数ヶ月前にはまって作ったシュシュ。
手元に残っている1個が活躍しているので、また作ってみました。
洋服を作っていると、長い端切れがいっぱいできるけど、それらを消費するのにもシュシュ作りは一役買ってくれます。
ダブルガーゼで作ると滑りにくい気がします。
 
080708-06.jpg
今回はアンティークレースで飾りました。
市販のシュシュはボリュームが足りなかったり、サイズが合わないことが多いけど、自分で作ると好きな布でできるし、ボリュームも調節できるので嬉しい。
ちょうどいいボリュームを見つけるまで、最初はいろんなサイズで試作しました。
大き過ぎるとターバンのようになってしまうし、小さいと私は身長があるからバランスが悪いみたい。
こうやって置いてみると、フレンチクルーラーのようです。
昔はオールドファッションが一番好きだったけど、今はフレンチクルーラーが一番好き。
スにも作って欲しいなあ。
実は最近までずっと、”フレンチクーラー”だと思っていました。
物事を良く確認しないので、そういうことがよくあります。

2008年07月08日 Handmade トラックバック(0) コメント(-)

J風ワンピ

080708-01.jpg
「この布で、この形で作ろう!」と思い付いてから、半年くらい放っておいた計画をやっと実行しました。
ジャーナルのページで見て可愛いなあと思ったワンピースのマネっこです。
 
080708-02.jpg
この手のワンピースはもう沢山作ったので、丁寧に作っても数時間あれば仕上がるようになりました。
明日出かける服が必要!
じゃ、今作ろうなんていうのもです。
 
080708-03.jpg
可愛いくて気に入りました♪

2008年07月08日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

伝統のもの

080706-01.jpg
家の近くの風車小屋で、催し物があったので行って来ました。
相当古い風車小屋で、かなり古く、どれくらい古いかと言うと物凄く古い風車小屋です。
(要ははっきり知らない)
犬友達のおじさんが、夜ここで幽霊を見たと言っていました。
 
080706-02.jpg
私の目的は、”スウェーデンの伝統的なハンドメイドや工芸品の展示”。
乾燥させたリネンの花の繊維から、糸車で糸を紡いでいる人がいました。
 
080706-03.jpg
これが手編みのレースなんて!
 
080706-04.jpg
古い本も展示されていました。
 
080706-05.jpg
そんなこんなしてたら、まぁ!可愛いフォークロアの衣装に身を包んだご婦人を発見。
思わず写真を撮らせてもらいました。
こんな時、自分は日本人だなあと思います。
 
080706-06.jpg
こっちにも!
完全にこの民族衣装に目が釘付けになってしまいました。
 
080706-07.jpg
ここのコミューンのケンネルクラブの、ワンコたちによるアジリティーSHOWもありました。
みんなおりこうさん。
おライぽんの得意技は、飼い主無視です。
 
080706-08.jpg
さっきの民族衣装の人たちが、アコーディオンの演奏に合わせてダンスを始めました。
 
080706-09.jpg
最後に、せっかくだから風車小屋にのぼって来ました。
横を通り過ぎたことは何十回もあるけど、中に入るのは初めてです。
こんな、古びれた白い木と、錆びて黒くなった鉄の組み合わせが理想(~v~*

風車小屋にのぼると、遠くに海を挟んでデンマークが見えました。

2008年07月06日 SWEDEN トラックバック(0) コメント(-)

再チャレンジ

今日も暑が夏い!
そこで、また例の湖に再チャレンジすることにしました。
やはり今回も森で迷いかけに・・
うっそうと生い茂る樹海が私たちを拒みます。
しかし、その樹海の中で、ピクニックをする珍しい地元一家を発見。
道を聞いて、ようやく辿り着くことができました。
 
080704-01.jpg
ひゃっほ~う!
他に人がいなくて貸切り状態です。
(そりゃあだって辿り着くの難しいもん)
 
080704-02.jpg
おライ子に泳ぎを教えようとするスウェーデン人と、
それを拒む本犬
 
080704-03.jpg
私は今日は陸で留守番です。
写真にうまく入ろうと足まで持ち上げて頑張っているけど、そんなにしなくても入ったんじゃない?の図

2008年07月05日 Daily life トラックバック(0) コメント(-)

迷ったあげく

天気が良くなるとともにPCから離れる私(^×^)
 
今日は、久々(まさに1ヶ月ぶりくらい?!)に夏日が帰ってきたので、チャンスを逃すまいと、湖に泳ぎに行くことにしました。
でも、人に勧められて初めていく湖だったので、地図は持っていたもののすっかり森の中で迷ってしまいました。
 
080702-01.jpg
L「どうする?おライぽん。」
ラ「ん?寝る?」 

 
湖は横にチラホラ見えるのに、周りを樹海に囲まれていて、なかなか辿り着けない。。
しかたないので車から降りてちょっと散歩をしていたら、ヘビを踏みそうになりました。

人気も無く寂しかったので、また車に戻り、しばらく走っていたら、今度は人の沢山いる開けた場所に出てきました。
何やら歴史のありそうな古い建物もありました。

080702-02.jpg
そこで、お腹も空いたし、湖は諦めてここでランチをすることに。
 
080702-03.jpg
「あ~疲れた!自然の中での水のラッパ飲みはいいな。」
 
ここはTORUPという村で、後でネットで見てみたら、ここはマルメ人が、街に飽きて自然が恋しくなった時に来る、定番的な場所なのだそう。
古い建物は430年前のお城でした。
 
080702-04.jpg
TORUP→マルメ方面に帰る道の周りには、広大な平原や、大きくうねる緑の丘や、牧場の家があって、可愛い風景が広がっていました。
「おっ!」とデジカメを向ける私。
ス人曰く、ここは、夏は”パラダイス”と言われるのだそう。そして、冬は、何もない枯野っ原に雪が積もって、その逆の名前で呼ばれるのだそう。
迷ったわりにはそんなエピソードを知っている。

またいつか帰って来たいな~と思う場所でした。
でも今度あの湖に行く時は、まずは誰かに連れて来てもらわないと。。

2008年07月02日 Daily life トラックバック(0) コメント(-)

カフェOPEN?

080701-02.jpg
Rick Rackさんの麻デニムは、ブラックウォッチのハンパ丈パンツが欲しいと思って買った生地だったけど、ちょっとイメージと違ったので、スカートにしようと作り始めました。
ところが、しっかりした厚めの生地なので、ちょっとのギャザーでもえらいことに。。。
 
結局、苦し紛れに後ろをスパッと切って、エプロンにしてしまいました。
でも、ちょっとカフェスタッフっぽくて気に入りました。
デニムの上に巻き付けてもいいかも。
 
080701-03.jpg

2008年07月01日 Sewing トラックバック(0) コメント(-)

鳩ポッポ

昨日、家のスウェーデン人が、「Lin!早く、来て来て!」と向こうの部屋から小声で叫ぶので、何だろうと思って見に行ったら、ベランダに鳩が!
至近距離に人間2人+犬1匹いて、コソコソ話しているのに、ピクリともしません。
(死んでいる??)と思ったけど、どうやら寝ているだけのようでした。
ハトも、宿を選ぶなあ。
休むところなんか他にいくらでもあるのに、うちを選んだということは、ハトを食べない人種で、かつ小さい子供がいず、+ベランダに一人で出るのが嫌な犬のいる家庭をリサーチしたのでしょうか。
 
080702-01.jpg
       ポッテリした後姿
背中が、「どうか、一晩だけそっとしておいて」と言っているように見えたので、そっとしておいてやりました。
(その割には思いっきりフラッシュをたいて写真を撮っている)

朝起きたら鳩は消えていて、”置き土産”が置いてありました

2008年07月01日 Daily life トラックバック(0) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。